離婚後300日を過ぎて生まれた子


離婚成立後に、子供が生まれるという事は珍しいケースではありません。野球02

 
その場合、離婚成立の時点から数えて300日以内か、300日以降かによって、誰の戸籍に入るかが決まってきます。
離婚から300日以内に生まれた子供の場合、離婚した夫の子供となり、前夫の戸籍に入る事になります。
ただ、親権者は母親となり、家庭裁判所に申立てを行なう事で、母親と同じ戸籍に移す事は可能となります。
父親が親権を望み、母親がそれを拒んだ場合、家庭裁判所の調停等で親権者を決める事になります。
それに対して、離婚後300日を過ぎて生まれた子供の場合、その子供は非嫡出子として母親の戸籍に入る事になります。
その子供が前夫の子供であると分かるのであれば、認知を求める事が出来ます。
前夫以外の子供である場合、本当の父親である男性に認知を求める事も可能です。
父親側からの認知を受ける事が出来ない場合、法律上、父親不明とみなされる事になります。

 

 
ですから、離婚後に生まれた子供というのは、300日を境に、父親の戸籍になるか、母親の戸籍になるかなど、大きな違いが出てきます。
離婚後に子供が生まれた場合、まずは弁護士などの専門家に相談してみるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。