離婚後300日以内に生まれた子


離婚をした後で、念願かなって愛する新しい夫と結婚をすることができたというような時に注意をしないといけないのが、妊娠についてです。離婚後300日以内に生まれた子供というのは原則として前の夫の子供として扱われることとなるのです。

 
つまりは、妊娠をしたのが前の夫との婚姻契約を続けている機関ですので、その子供は婚姻している夫の子供となるわけなのです。ですから、前の夫との結婚生活を続けている間に新しい夫と接触があったというような時に三百日以内に子供が生まれるということになりますので注意をしなければなりません。
それでもきちんとした証拠などがある場合に関しては、裁判所に申し立てを行えば、新しい夫の子供として戸籍に書かれることを認めてもらえることもあります

 
また、最近ならばDNA鑑定などによって確実にその子供の父親が誰なのかということが判明するようになっていますので、それを使用して父親をはっきりさせるということもできるのです。
それでもこれらの手続きがスムーズに行われるとは限らずに、父親の欄が白紙のままの戸籍になってしまう可能性もありますので、離婚をする時には妊娠については注意をしておくようにすると良いでしょう。

野球01

コメントは受け付けていません。