婚姻中の氏の継続使用を選択しその後旧姓に戻る場合


離婚成立後3ヵ月以内に、婚姻中の苗字を名のることを決め、「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に出し、しばらくその苗字を使っていたけれど、何らかの理由で旧姓に戻りたいということがあるかもしれません。結婚期間に利用していた苗字を継続使用すると決め、その旨の届を出した場合、原則としてその苗字を使用することとなりますが、その後旧姓に戻る事情が発生した場合、その内容によってはそれが認められることもあります。
そのためには裁判所に氏の変更許可の審判申し立てをする必要があります。申し立てには「やむをえない事由が必要」が必要で、家庭裁判所が「やむをえない事由」があると認めた場合に氏の変更は認められます。
変更が認められた例としては、子供がいるため結婚中と同じ苗字を使用していたが、転校することとなったので、苗字が変わっても差しさわりなくなった例。離婚後、結婚中の苗字を届け出た後に再婚したが、また離婚したため前婚の苗字に戻った。しかし、実家の苗字に戻りたいとして変更申し立てをした例などがあります。
ただし、審判申し立てには煩雑な手続きなども必要となるので、離婚後に苗字はどうするのかは、離婚調停中にはっきり決めておくのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。