前夫以外の男性の子を前夫の戸籍に入籍したくない場合


離婚成立後に生まれた子供というのは、離婚成立後300日以内に生まれたか、300日以降に生まれたかによって、戸籍などが大きく変わってきます。

 
基本的に、300日以内に生まれた子供というのは、離婚前の前夫との子供とみなされ、その子供は前夫の籍に入る事になります。
300日以降に生まれた子供の場合、母親の籍に入り、その後、前夫か、別に真実の父親がいるのであれば、その父親にあたる男性に認知を求める事になります。

 
ただ、離婚から300日以内に生まれた子供であっても、前夫以外の子供であれば、前夫の籍に入籍させたくないと考える人は多くいます。
そんな時、確実に前夫の子供でない事を証明できれば、それにより親子関係不在確認調停の申立てが可能となり、受理されれば、前夫の籍に入れる必要はなくなります。

 
この親子関係不在確認調停を行いたい場合、DNA鑑定を受ける事になります。
結果は1ヶ月から3ヶ月程度で届き、親子関係がない事が証明されれば、この調停の申立てを行なう事ができます。
この申立てというのは、女性側だけでなく、前夫の側から起こす事も可能です。
親子関係が無い事は、婚姻生活中に不貞行為があった証明にもなる為、そこから慰謝料などの問題が生まれる事もあります。
調停の申立てをしたいと考えたら、まずは弁護士などの専門家に相談してみるのがお勧めです。”

コメントは受け付けていません。