離婚後300日を過ぎて生まれた子が夫以外の男性の子の場合


離婚が成立した後に子供が生まれた場合、成立の時点から300日以内か、300日以降かにより、その子供の戸籍などが変わってきます。
一般的に300日以内に生まれた子供というのは、離婚した全夫の子供とみなされ、離婚後であっても、前夫の戸籍に入る事になります。
家庭裁判所に申立てをする事で、母親の戸籍に入れる事も可能ですが、一度は全夫の戸籍に入る事になります。

 
それに対して、離婚後300日以降に生まれた子供の場合、子供は非嫡出子とみなされ母親の戸籍に入る事になります。
そして、その子供が前夫の子供であれば、前夫に、夫以外の子供であれば、子供の本当の父親に認知を求める事になります。
父親からの認知が受けられない場合、その子は父親不明となります。

 
女性の場合、離婚から半年は再婚が認められていませんが、300日であれば、その期間は過ぎた状態です。
ですから、真の父親が分かっているのであれば、その人と結婚してから出産をするという事も可能です。
ただ、離婚後、300日以内に生まれてしまった場合、子供は前夫の戸籍に入る事になります。
離婚後に、夫以外の子供を妊娠している事が分かったら、まずは弁護士など専門家に相談をしてみると良いでしょう。野球03

コメントは受け付けていません。