離婚後の戸籍と氏(姓)


婚姻届を提出して夫婦になると、一般的には妻は両親の戸籍を抜けて新たに夫と二人で新しく作ることになるのではないでしょうか。新居を構えるのであれば、新居の住所地が本籍地となり夫の氏になった妻の名が記載されます。その後、子供が生まれれば夫婦の子として記載され、家族が増えて行くわけです。

 
しかし、様々な事情から夫婦が婚姻関係を解消する場合には、離婚後の戸籍と氏(姓)について考えなければいけないでしょう。夫婦だけの世帯であれば問題は少なく、妻が旧姓に戻るのが通常です。ただし、子供のいる夫婦の場合は問題点が多いと言えます。

 
まず、子供の親権・監護権をどちらが持つかから検討する必要があり、親権者と子供で一つの戸籍を作ることになります。

 
その後、子の氏を変更するかどうかも考えなければならないでしょう。赤ちゃんの場合は影響が少ないですが、学校に通っている子供の場合は、名前を変えることに抵抗を持つ、あるいは名前を変えることでいじめに遭うなどの心配もあるのではないでしょうか。これは、個々の家庭のケースによって対応が違い、例えば、別れた親の債務者が子に影響を与えるリスクがあるような事例では、名前の変更は必要なことだと言えるかも知れません。

コメントは受け付けていません。