氏の変更許可の審判申立


離婚の際に決めなくてはいけない事の一つに名字があります。

 
例えば、夫の氏を称する婚姻をした場合、離婚後に妻は婚姻の際の名字を名乗るのか、婚姻前の名字を名乗るのか決めなくてはいけません。
子供が居る場合、子供の名字を変えたくないとそのまま婚姻時の名字を名乗る方が多いです。

 
婚姻時の名字を名乗る場合は離婚届と一緒に法77条の2の届をします。

 
しかし、婚姻前の名字に戻したが、やはり不便が生じ、婚姻時の名字に戻したいと希望した場合は裁判所に変更許可の審判申立をし、裁判書の許可が出れば戻す事が可能です。

 
名字を戻さなくてはいけない理由があって、それを裁判官が認めてくれれば、変更出来るのです。
変更許可が出た場合は役所に変更許可書謄本を持って、変更の届出を行いましょう。
役所で届出をしなくては、いつまで経っても戸籍は変更されません。
戸籍が変更されないと言う事は住民票上も変更されずにいつまでも変更前の名字となってしまいます。
こうなると他の手続きにも影響が出ますので、裁判所からの許可が下りた場合は、早急に役所での手続きを行いましょう。
戸籍が変更になると住民票も平行して変更されますので、他の手続きもすんなりと行きます。

コメントは受け付けていません。