婚姻中の氏を名のるには


何らかの原因で離婚をすることになったその調停中に考えることは様々です。そんな一つに離婚後の苗字です。女性の社会進出も進み、苗字を変えるのが厄介ということもあるでしょうし、それ以外でも何らかの理由で結婚前の苗字に戻りたくない方もおられるでしょう。実は離婚後も婚姻中の氏を名のることができるのです。

 
そのためには所定の手続きが必要です。離婚成立後、3ヵ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に出すという手続きです。この届出には元の配偶者の承認や証人が必要ありません。自分一人で作成できる書類なので安心です。苗字を変えたくないという意思がはっきりしているなら、離婚届と一緒に提出するのがいいでしょう。ただし、届を出してからやはり結婚前の苗字に戻りたいと心変わりがする可能性もあるという方は、3ヵ月間という期限がありますが、その期間内で考えて結論を出すのがいいでしょう。

 
離婚成立後3ヵ月を経ってしまった場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可の申し立て」を提出する必要があります。その際、変更を求める理由を厳しく質問されるので、苗字に関してどうするかは必ず離婚成立後3ヵ月以内に結論を出して、手続きを行いましょう。

コメントは受け付けていません。