離婚後の子は誰の子になるのか


 

男性は離婚直後に再婚することを認められていますが、女性には再婚禁止期間という期間が設けられており、離婚後6か月を過ぎなうと再婚できないとなっています。これは離婚すぐに再婚して出産した場合、その父親が誰なのかわからないためです。

 
その疑問を解決するために、民法によって離婚が成立した日から300日以内に生まれた赤ちゃんは前夫の子であると推定し、再婚した日から200日後に生まれた赤ちゃんは再婚した夫の子と推定されています。

 
ただ、これには例外もあります。離婚して300日以内に生まれた赤ちゃんでも、その実父が再婚後の現夫であることが医師の診断書などによって明確であるなら、現夫が実父となります。

 

卓球
また、妻の浮気が原因で離婚に至った場合、離婚して6か月以内に生まれた赤ちゃんは、本当は浮気相手との間の赤ちゃんだとしても、前夫の子と推定されてしまいます。それを防ぐためには、前夫が出生を知ってから1年以内に嫡出否認の調停を申し出る必要があります。この調停によって当事者双方の間で赤ちゃんが前夫のものではないと同意ができ、家庭裁判所が必要な事実の調査を行った上で、その合意が正当であると認められれば、合意に従った審判がなされるのです。

コメントは受け付けていません。